教育について

子供の時期から英語教育するメリット

言語の臨界期は9歳から10歳頃と言われており、人間の一生において脳の発達が最も盛んなこの時期に言語の習得をさせる事で身に付けやすくなります。
脳の臨界期に英語教育を受けさせる一番のメリットとして、日本語を覚えていく過程で一緒に英語を覚えていく事が出来ます。
周囲の人が普段話している会話を、音声としての脳に記憶して言語を習得する事が出来るので、脳で考える事無く言語を身に付ける事が可能です。
一般的に小学校の高学年から英語の学習が始まりますが、臨界期以降だと脳内の言語はほとんど日本語で占められてしまっているので、残りの狭いスペースで英語を覚えなくてはなりません。
幼少期から英語に触れる生活環境を整えておけば、脳内に英語の部屋を作る事が出来るので言語中枢分野に日本語で考える領域と英語で考える領域を確保する事が出来ます。
勉強として英語を学習するのではなく日常生活の延長上に英語がある事で、身に付けやすくなるメリットがあります。

Copyright© 教育 All Rights Reserved.